読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

128.澪ご乱心(注:『けいおん』小ネタ)

けいおんSS

#シチュ:今日は私こと平沢唯の部屋で打ち上げです。

 

「ぐびぐびぐび……」

「ぷっはーっ!! このために生きてるって感じだーっ」

「うわぁ…りっちゃん、すごい飲みっぷりだね」

「唯は飲んでるか~? ん~?」

 私の肩に腕を回して頬ずりしてくるりっちゃん。

「りっちゃん、お酒くさいよ~っ」

「そりゃ飲んでるんだから当たり前だろっ!」

「…ずるいです」

 私たちをムスッとした顔で見ていたムギちゃんが、コトリとカクテルの缶を床に置きました。

「私も唯ちゃんにくっついて宜しいでしょうか?」

「わ、ムギちゃんもお顔まっかっか」

「まっかっかですよ。だってお酒を飲んでいますから」

「では…え~いっ!」

 そのままムギちゃんが私に飛び込んできました。

 

――むぎゅ~っ

 

「普段は見ている側ですが今日は特別ですよ、んん~っ」

「何をっ! 唯は私の嫁だぞっ! 唯~っ」

――むぎゅぎゅ~っ

「わわっ、ふ、二人ともっ…く、苦しい~っ」

 ムギちゃんもりっちゃんも私の両方から抱きついてきて暑いよ~っ。

 や、やっぱりお酒は良くなかったかも~っ。

 

「……ん? 一人混じってこないな?」

「そうですね」

 二人が目を向けた先。

 そこには……。

「って、澪!? おまえ何してるんだ!?」

「え? 何って……」

 

――ぷち、ぷち、ぷち。するするする~。

 

f:id:m_training:20150112180516p:plain

「暑いから脱いでるんだけど」

 

「ひゃ…ひゃぁ~~~っ!? み、澪ちゃんダメだよ~っ」

「なんで、唯? あ~暑いーっ!」

――バサッ!

 私の方に投げつけられたのは……。

「ス、スカート~っ!?」

「別にいいだろ、女同士だし」

「そ、そういう問題じゃないよ~っ」

 あの、み、澪ちゃんがっ! 恥かしがり屋さんの澪ちゃんがっ!

 

「いやいやいや!? 普通そこまで脱ぐか!?」

「暑かったら脱ぐに決まってるだろ。おかしなことを言うな、律は」

 澪ちゃんを見ているりっちゃんの目は真ん丸です!

「……さ、最高です……」

 私に抱きついているムギちゃんは、なぜかさっきよりもまっかっか!

「こら、澪っ! おまえ酔っ払い過ぎだぞっ」

「私、酔ってらいゾ」

 呂律(ろれつ)も回ってない~っ!

 

――ごそごそ、ごそごそ。

 今度は腕を自分の背中に回してゴソゴソと何かをしだしました!

 

「……ブラのホックが外れらい」

「うわわわわわーーーっ、だ、だめだよーーーっ! お嫁さんにいけなくなっちゃう~っ」

「うんうん…いるよな、飲むと開放的になって突然脱ぎだすヤツって」

「はい♪ 特に大人しい方に多いとか」

「そんなこと言ってないで二人とも澪ちゃんを止めるの手伝ってよ~っ!」

 

 

――次の日。

「あたた…頭いた~っ。昨日あたしはどれだけ飲んだんだ?」

「……」

「……」

「……」

「どうしたんだ? 3人とも黙り込んで…あたたた…」

 

「(……昨日のこと、完全に忘れてるね……)」

「(……そのほうが良いのではないでしょうか……)」

「(……そうだな、昨日のことを知ったら澪のヤツ自殺しかねないぞ……)」