読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

54.そうだ、理樹を起こしにいっちゃおう!

リトルバスターズ! ギャグ

 

 

 

 

「今日は理樹君はどうしたのだ?」

「井ノ原さんの話ですと、まだリキはベッドで寝ているそうですよ」

「ずいぶんと寝ぼすけだな」

「じゃあ、起こしに行こうっか」

「「「「「 賛成ーーーっ! 」」」」」

…………。

……。

「お邪魔しまー……ふぐぐっ」

「……三枝さん、静かに入ってください。直枝さんが起きてしまいます」

 

f:id:m_training:20150111162520p:plain

「ほわっ」

「どうしたんだ、こまりちゃん? 顔まっかっかだぞ」

「だって…理樹君の寝顔が…ね…ほわぁあぁ」

――くぅ、くぅ、くぅ…すやすや。

「……むにゃむぅ……もう食べられないよぉ~…むにゃむにゃ…」

「……」

「……」

「「「「「かわい~~~~っ」」」」」」

「まるで天使のような寝顔なのですーっ」

「しかも見ろ! ナイトキャップ付きだぞ!?」

「うわぁ~寝巻きとおそろいのニャンコ柄だ~」

「とっても気持ち良さそうだね~」

「理樹のほっぺ、くちゃくちゃやわらかそうだな」

「……」

「……」

ゴクリ。

「ちょっぴりだけ触ってみよっか?」

「「「「「こくこくこく」」」」」

「いくよ~」

「……どきどき……」

――そろそろ~~…………ぷにっ

「ほわわぁ~」

「ど、どうだったこまりちゃんっ」

「マシュマロみたいだよ~、ぷにぷに~ぷにぷに~」

「ちょっ、ちょっとおねーさんにもやらせてくれ」

――ぷにっぷにっ

「…ああ…可愛い理樹君をいぢり放題…」

「……心なしか直枝さん、気持ち良さそうな顔してませんか?」

「どれどれ~」

――ぷにんっ

「……ぅうんっ…そこ…」

「気持ち良さそうに身をよじりましたーっ」

「つつかれて喜んでる顔だね、こりゃ」

「根っからの受け気質だからな、理樹君は」

「あ、あたしは…」

「そ、そこの理樹の手で…うーみゅ…遊びたい」

「手?」

「うん、ちょっと理樹の手のひらにあたしの指を…」

――そろそろ~ちょんっ

――きゅっ♪

「うわっ、見ろっ! 赤ちゃんみたいにあたしの指をキュッとしたぞっ」

「「「「「「か、かわいすぎる~っ」」」」」」

「わ、私もやってみたいのです~っ」

――そろりそろり、ちょんっ

――にぎ、にぎ♪

「わふーっ、うれしそうに私の指をにぎにぎしてますーっ」

「とてもきもちいいのです~」

「つぎ私、私ー!」

――ちょーんっ

――にぎっ!

「って、アレ?」

「……どうしました、三枝さん?」

「あーいや、握ったまま離してくれ――」

「う、うう~ん……」

「まずい、理樹君が起きる!」

「ヤバイ、隠れろっ」

「いそげーですっ」

「え、え、え~っ!? 私はーっ!?」

「……むにゃむにゃ……ん、葉留佳……さん?」

「あ、あはは……やはー、理樹君」

「うん、おはよ…………」

「って、えええええっここで何してるのーっ!?」

「ひやぁぁぁぁぁぁーーーっ!」

 

以上ですw

寝ている理樹君をこんな感じでいぢりたいでふ(爆