読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

136.ブラック☆こまりん

リトルバスターズ! ギャグ

#シチュ:ブラックこまりんですw

 

f:id:m_training:20150112181635p:plain

「小毬さん、僕…僕…小毬さんなしじゃもう生きられないよっ」

「り、理樹くんっ、みんなが見てる~」

 

「わふーっ、り、リキが小毬さんにメロメロなのですーっ」

「小毬ちゃんと理樹はおにあいだな。あたしは完敗だ」

「くっ…まさか小毬マックスに理樹君を取られてしまうとは……おねえさん大打撃だよ」

「……小毬さん、どうか直枝さんをお幸せにしてくださいね」

「ちきしょーっ、理樹くんはこまりんにくれてやるーっ」

 

「ごめんね、小毬さん! もう1秒だって離れていたくないんだーっ」

「理樹くん、みんながいるのに抱きついてくるなって……そんなの…」

「小毬、困っちゃ~~~う」

「お~~~っほっほっほっほっほっほ……――――」

 

 

「――ほわっ!?」

 ガバッ!!

 

 飛び起きると、そこはベッドの上。

 

「す……すんごい夢みちゃった……」

 

「…むにゃむにゃ……どうかなさいましたの、神北さん?」

 眠気まなこを擦りながら、横で寝ていたさーちゃんが体を起こした。

 さーちゃん……?

 ふえぇ、私があーんな夢を見たのは……。

 

「全部さーちゃんのせいだからねっ!」

「は!? なんの話ですの!?」

 

 

 これといって山なし、落ちなし、意味なし。

 略してヤオイ(ぅぉぃ!