読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

110.バトル終了後もなんかエロい。

で、しめは鈴×佐々美でw

 靴下ネタは前にも書いたけど、まあmは足フェチでもありますから問題無しですw

 

「こ、このわたくしが負けるなんて……」

「おまえも健闘したと思うぞ」

「はぁ…わたくしもソフト部次期キャプテンとして二言はありませんわ」

「リップなり香水なり、好きなものを差し上げますわ」

「んー、そうだな……」

「ささみ」

「決まりましたの?」

「おまえの靴下よこせ」

「は!?」

「おまえが今履いてる靴下をよこせ」

「い、嫌ですわっ!!」

「うっさーーーいっ」

――ばたーんっ

「棗鈴っ、お腹の上からどきなさいっ!」

「ジタバタするなっ! 早くおまえの脚をかせっ」

「いやですわ…きゃっ!?」

「捕まえたっ!」

「ひゃーっ!! 脚を持ち上げないで下さる!?」

「うっさい! まずは…靴はポイッだ」

「ゃっ!? な、棗さんっ!」

「こら、ジタバタするなっ。ぱんつ見えるぞ」

「……!!」

「それにしても……」

「な、なんですの?」

「おまえの脚、引き締まってて抱き心地がいいぞ」

「すごいふくらはぎだな。スポーツマンらしい肉付きだな」

「むにむに~むにむに~」

「やややややややめて、やめなさいーーーっ!!」

「足の裏もこちょこちょ~~」

「きゃっ、あははっ、はははっ、なつ、棗さん、やめ、やめなさいーーーっ!」

 

 

 だって靴下を戦利品で持ち帰るなんて、剥ぎ取ったとしか考えられないですしw

 うん。

 頭が腐っていてごめんなさいw