読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

84.もう目も見れないよ、優しく笑うたび悲しすぎて(理樹×古式さん)

リトルバスターズ! NL 恋・愛

#シチュ:冬も近づいた季節。夜店が軒を連ねる境内。理樹と古式さんの二人でお出かけです。

 

「――あっ」

古式さんが構えたポイに穴があき、金魚が水中へと逃げる。

「逃げられましたね」

「残念だったね」

「一匹になってしまうより、仲間と一緒にいた方が良かったのでしょう」

言いながら、手に持つポイを店の人に返す。

「もういいの?」

「はい」

金魚すくいのプールの前から立ち上がる彼女は、笑顔だった。

 

――いつからだろう?

彼女と初めて会った時の印象は、笑わない人、だった。

彼女の笑顔が見たい、それが最初の切っ掛けだったんだと思う。

次第に彼女と一緒にいることが多くなった。

今日は何があったとか、リトルバスターズのみんなの話とか、そんななんでもない話ばかりだったけど、彼女は静かに僕の言葉に耳を傾けていた。

そんな日々を続けているうちに、一方通行だった話は会話へと成長していた。

彼女の、今日はこんな本を読みました、魚料理が好きなんです、そんな日常の話を聞くのが何よりの楽しみになっていた。

彼女の笑顔が僕に向けられた日、ようやく気付いた。

 

ああ、僕は古式さんが好きなんだ。

 

 

「――直枝さん、これ、似合ってますか?」

出店に出ているビーズアクセサリーを細い指に通し、僕の方へ手を差し出す。

「うん、シンプルで古式さんらしいよ」

「それは私が地味と言うことですか?」

「え!? あ、いやいやいやっ! そういう意味じゃなくてっ」

「ごめんなさい、冗談です」

クスリと笑う様子が、僕の心を打つ。

 

――いつからだろう?

古式さんは僕の部屋にもよく寄るようになった。

茶菓子のお裾分け、そんな感じのが多かったと思う。

同じ部屋で、話をして、お菓子を食べる。

それだけで僕は嬉しくて溶けてしまいそうだった。

何より、彼女の笑顔が好きだった。

こんな日々が続くと思っていたんだ。

ある日彼女が言った。

「直枝さんだから話すんです」

今でもあの時の声、仕草を鮮明に思い出せる。

「私……宮沢さんのことが好きなんです」

 

 

出店を外れ、夜の境内の裏手へと足を運ぶ。

「――綺麗ですね」

「うん、ここからは街が一望できるんだ」

「直枝さん」

「どうしたの?」

「ほら、上を見てください」

「オリオン座です」

月光を浴び、夜空を見上げる彼女は……綺麗だった。

 

――いつからだろう?

彼女と一緒にいるのがつらくなった。

恋をして綺麗になっていく彼女を見たくないから、もう会いたくない…。

なんて言えない。

だって逢いたいから。

 

f:id:m_training:20150111171345p:plain

 

コツリ、と古式さんの頭に僕のおでこをつける。

「直枝さん? どうしたのですか?」

「……少し、このままでいてもいいかな」

「…構いません」

 

もう目も見れない…その瞳に何が映っているのか知るのが怖すぎて。

今この瞬間を彼女といるのは嘘じゃないのに

涙が頬を伝う。

「直枝さん?」

ああ、

何も変わらない、何も届かない。

「あの、直枝さん?」

きっとこれからも…。

 

「な…おえ…さん?」

振り向いた古式さんの大きな瞳が困惑に染まっていた。

「ううん、なんでもない、なんでもないよ」

僕は今、上手く笑えているだろうか?

「そう…ですか」

お願い、そんな悲しそうな顔を見せないで…。

「あ、ほら、そんな悲しそうな顔しないでよ」

「やっぱり笑顔が一番だよっ」

「そうですね」

僕が笑うと、彼女もつられて笑う。

 

彼女があまりに綺麗に笑うものだから、僕は…僕は涙をこらえることが出来なかった。

 

 

以上です!

片思い、本当につらいですよね。

今回は自分の過去を元に、リアリティを出して書いてますw

気持ちを伝えることも出来ず、想いを募らせる片思い。

出会いから恋わずらいまでの過程でございます。

恐らくみなさんもこんな苦い片思いを経験したことがあるのでは?

 

今回の小ネタのアウトフレームは「逢いたいから」という曲と「有心論」からですw