読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

04.二木佳奈多にリリアンを

※:WEB拍手より妄想モードへ


佳奈多は、純粋に女の子好きが似合いますよねっ(ぉぃ

百合アニメの世界に飛び込んだら上手くやっていけそうな気がしますw

……と、言うよりですね。

姉御より断然女の子の扱いが上手そう……!

 

 

姉御だったら。

 

「クドリャフカ君、私が添い寝をしてやろう」

「いえ…しかし…」

「なに、ただクドリャフカ君の可愛らしい寝顔を見たいだけだ」

「ふむ…」

「寝顔だけで満足できれば良いのだが…」

「わふーっ!?」

 

 

けど佳奈多だったら

 

「クドリャフカ、今日は一緒に寝てもいいかしら」

「いえ…しかし…二人ではベッドも狭いですし」

「最近冷え込むでしょう。一人だと寒くて」

「たしかにここ最近冷えますからね。うぇるかむとぅまいべっど、なのですっ」

「ほら、もうちょっとそっちに寄って」

「――あら、クドリャフカ、シャンプー変えた?」

「はいっ、この香りはいかがですかっ?」

「とてもいい香り。あなたにピッタリだわ」

「気に入ってもらえてよかったのですっ」

「髪の毛も…サラサラ」

「わふー…」

「どうしたのクドリャフカ? 顔が赤いわよ?」

「佳奈多さんの手、とても優しくて気持ちいいのです」

「そう?」

「わふっ! 佳奈多さんが足を絡めてきますっ!?」

「だって、まだ布団が冷たいんだもの」

「クドリャフカで暖を取らせてもらうわ」

「こうすればあなたも暖かいでしょう?」

「わふー、気持ちいいのです」

「ほら…もっと私にくっついて」

「はい…なのです」