読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

135.ふてかな!

#シチュ:葉留佳と佳奈多の誕生日。けど本当は佳奈多は二人っきりで祝いたかったのです!

 #タイトル『ふてかな!』

 

「やーやー、みんなにお祝いしてもらってサイコーだったねっ」

 夜、私とお姉ちゃんの二人部屋に入りながら私はそう言った。

 さすがみんなデスヨ。

 放課後から夜11時までノンストップですヨ、ノンストップ。

「……」

 楽しかったのにもかかわらず、お姉ちゃんはどこか虫の居所が悪そうだ。

「あの真人くんと謙吾くんの筋肉ミュージカルなんて夢に出そうだったよね、お姉ちゃん」

「……ふん」

 お姉ちゃんは部屋に入るなり、無言で機嫌悪そうにベッドにボフンッと腰を下ろした。

「どうしたの、お姉ちゃん?」

「…なんでもない」

 お姉ちゃんは思っていることが顔に出やすい。

 明らかに『なにかありますよー』という顔だね、こりゃ。

「お姉ちゃんってば」

「…なんでもないわよ」

 ぷいっ、とあさっての方向を向くお姉ちゃんなんだけど……こういうときは大抵かまって欲しいときの合図だ。

 お姉ちゃんと一緒の部屋になってから初めてわかった。

 ……お姉ちゃんはかまって欲しい時ほど、こんなふうにツンツンするのだ。

「お姉~ちゃんっ、抱きつき攻撃だーっ」

 後ろからギュッと手を回す。

f:id:m_training:20150112181517p:plain

「…」

 ほらね。

 私が手を回すとすぐにお姉ちゃんは、くてーっと私に身体をあずけてきた。

「ねぇねぇ、一体全体どうしちゃったの?」

「……ふん」

 口を尖らせているお姉ちゃん。

「なんか私、いやなことしちゃった?」

「……」

「……」

 お姉ちゃんがちょっと俯いたかと思ったら、小さく口を開いた。

「……今日はせっかく二人でお祝いしようって言ったのに」

「へっ!? あ…そういえば」

 あちゃぁ……。

 そういえばお姉ちゃん、そんなこと言ってワクワクしてたっけ!

「二人で誕生日ができると思ったのに、葉留佳ったら授業が終わったらみんなのところ行っちゃったし……」

「せっかく一緒に食べるケーキまで買ったのに……」

「奮発してシャンパンまでかったのに……」

 ぷんっ、とほっぺを膨らませた。

「葉留佳は私なんかと二人より、みんなといっしょがよかったんだもんね」

 あ。

 うわぁ……だから部屋のテーブルの上には綺麗なお皿とグラスが二つ上がってたんだ。

「…ふん、だ」

 すっかりふてくされモードになってしまっているっ。

「お姉ちゃん、今からでも二人でお祝いしよ?」

「もう12時になっちゃうもん」

 時計を見ると確かにあと少しで13日も終わり間近だった。

「あ、けどまだ15分ありますヨ! だから、二人で一緒に乾杯して、一緒にケーキ食べよ?」

「…………」

 あ。お姉ちゃんのモジモジが消えた。

 あと一息ですネ、これは。

「私、お姉ちゃんと一緒にケーキ食べたいなー。あと、あーんとかもやりたいなー」

「…………ほんと?」

「ホントもホント、今日という日を二人だけで締めくくろうよ」

 ね?とお姉ちゃんをキュッと抱きしめた。

 

「……」

「……うん」

 嬉しそうに無垢な笑顔を溢すお姉ちゃん。

 

 ウチのお姉ちゃんは学校を一歩出ると、こんなに甘えんぼ。

 だけど、最高のお姉ちゃんだ。

 

 

 普段はアイアンメイデンとか呼ばれていそうな佳奈多ですが、二人っきりになると甘えんぼモードに!

 mはこんな佳奈多をギュッとしたデス(待てw