読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

56.ぺったんぺったんつるぺったん

f:id:m_training:20150111162806p:plain

ええそうですよ!

理樹の裸が描きたくなったのですから仕方ないでしょう!(核爆

 

シーンとしてはお風呂上りでしょうか。

 

『真人ー、真人ー』

風呂場から理樹の声。

腹筋を234回でやめ、流れ落ちる汗を拭った。

「フゥ…どうしたんだ~?」

風呂場に向かって返事を返す。

『あ、うん、ちょっと着替えの上持ってくるの忘れちゃって』

『そこにあると思うから持ってきてよ』

「んとー…あーあったあったと」

ベッドに置いてあった理樹のシャツと寝巻き持って風呂場の脱衣所のドアを開けた。

「ほらよ、理樹。持ってき」

「ありがと……どうしたのいきなり固まって?」

「…………」

「真人ー?」

「…………」

「おーい、真人ー」

 

ブハァァァァァァァァァーーーッ!!

 

「え、ええええーーーっ!? は、鼻血ーーっ!?!?」

「ちょちょちょちょっと真人しっかりしてっ」

「理樹頼むっ、オレにくっつかないでくれっ」

「いやけど、すごい血だよっ!?」

「そっち向いてないでちょっと顔こっちに向けて」

「まままま待て理樹、おちおちおちおち落ち着けって」

「なに言ってんのさっ、ほら顔見せて」

「いやだから……うおっ!?!?」

 

ブハァァァァァァァァァーーーッ!!

 

「ま、また鼻血ーーーーっ!?」

 

理樹と同室の真人はある意味イロイロつらいと思いますw

 

この絵を描いていて思いました。

理樹がプールに行ったら、絶対タンキニか何か着ないとヤバイと(ぅぉぃ

そのままではしゃいでたら……死者続出ですよ夕刊一面トップですよ……。