読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

23.佳奈多とNO!RYO!大会~

リトルバスターズ!

 

 

#シチュ:『キモ試しでホラー・NO・RYO!大会』で理樹は佳奈多を選んだのですw

 

「佳奈多さん、いいかな?」

「ふーん。ま、いいわ」

「んじゃ、そのメンバーな」

「うん」

「じゃあ、俺ゴールで待ってっから」

「ああ、うん」

 

…というわけで、探索開始。

真っ暗な校舎内に侵入する。

「うわあ…」

足元が心許ないほどの暗闇。

「なんで私がこんなことしなきゃならないのよ……」

佳奈多さんが恭介の用意した懐中電灯を持ちスイッチを入れた。

「きも試し? 幽霊?」

「そんな非科学的なものがいるわけないのに」

「ただ学校を歩き回るなんて、昼にいつでもやってることじゃない」

「茶番ね」

いつものことだけど、佳奈多さん乗り気じゃないなぁ。

「恭介が準備したんだからお化け屋敷なみに楽しめると思うよ?」

「興味なし」

全否定だった!

「早く帰って寝たいわ」

「ま、まあもう入っちゃったんだし、早く終わらせるためにも進もう」

「そうね」

ここは納涼大会に参加してくれただけ良かったと思おう…。

 

「直枝、そこのドア」

「あ、うん」

がらがら。

ドアを開ける。

「――異常なし、と」

「次は隣」

「早く、こっち」

「…」

がらがら。

「――異常なし、と」

……まるで風紀委員会の校内巡回に付き合ってるみたいだ。

 

特別教室棟につくと、僕の携帯に恭介からメールが。

『一個目は理科室。後は札にヒントが書いてある』

「定番中の定番ね」

「けど、理科室っていかにもお化けとかいそうだよね」

「……」

可哀想な人を見るような目で見られた!

「あなたいったい何歳?」

「幽霊なんているわけがないでしょう?」

「一時的な虚血でダメージを受けた海馬が起こす短期記憶の混乱に過ぎないわ」

「寝ぼけた人が見間違えたのさ、ってヤツ」

今日の佳奈多さん、いつになく饒舌(じょうぜつ)な気がする。

話しているうちに理科室に着いた。

「ここね」

「うん」

「……」

「入らないの?」

佳奈多さんが懐中電灯を持っているので、先に入ってくれないと周りが見えない。

「今、入ろうとしてた」

佳奈多さんが一歩踏み出すと。

がたぁぁぁ!!

突然ロッカーからガイコツが飛び出してきた!

「きゃぁぁぁぁぁっ!?」

大声を上げた佳奈多さんが僕の胸に飛び込んできた!

「か、佳奈多さん!?」

目をギュッとつぶり、小刻みに震えている。

「お、おばけ…?」

しぼりだすような声。

……

…そっか。

どうやらさっきまでのは強がりだったんだ。

本当は佳奈多さん、この手のことに弱いみたいだ。

「あ…いや、大丈夫だよ。ただの標本のガイコツだから」

「…ほんと?」

「うん、目を開けても大丈夫」

ゆっくりと顔をあげた佳奈多さんがそちらを確認した後、僕を見る。

「……」

「……」

「……」

――ドグゥ!

「いたたた、なんで蹴るのさっ!?」

「記憶から抹消しないと、処刑するから」

か、佳奈多さん…。

それ本気の目…。

 

「えーっと次は…」

取った札の裏を見る。

音楽室、という字を上から何かで斜線が引いてあり、下にいかにも怖そうな字。

「2階女子トイレ一番奥、だって」

「な、なんでそんなところに置くのよ!?」

「いや僕に言われても」

そしてトイレへと着く。

「ここは女子トイレだし…」

佳奈多さんへと目を向けると。

「絶対嫌」

本気で嫌がっていた!

「じゃあ、僕が行くからここで――」

「ひ、ひとりで待つの!?」

それも嫌みたいだ。

「い、いっしょが…………いい」

「じゃあ、一緒に行こう」

小さく頷く佳奈多さんを連れ、一緒にトイレに入る。

そして、どうやら懐中電灯係りも僕に託されたようだ。

「……どこにあるんだろ?」

パッと見ではそれらしきものがない。

「そうね、動かせるとしたらそのゴミ箱くらいかしら?」

「そうだね」

「……」

「……」

「佳奈多さん、手離してくれないと」

「ぅ…」

ゴミ箱を動かすと、壁際にさっきよりふた周りは小さなお札。

それを剥がし、裏を見る。

「最後は…恭介の教室だね」

「そう、ならさっさとここを出ましょう」

「ほら、早く」

佳奈多さんが一秒たりともここに居たくない、という様子で出口へと向かう。

「佳奈多さん待ってよ」

先にドアから出た佳奈多さんに続き、僕もドアを開け廊下へ出る。

そのとき後ろからカタリと音がした気もするけど…気のせいかな。

 

廊下へ出ると、懐中電灯が消えた。

「うわ…」

「消えたわね」

さすが恭介だ…演出に抜かりないようだ。

 

「たぶん恭介の机だと思う」

懐中電灯なしでも、恭介の机の位置は覚えているから大丈夫だ。

「あった?」

「あ、うん」

恭介の机の中から出てきたのは…プリント?

けど、それらしいものはこれしかないし…たぶん合っているはずだ。

その時だった。

『……ジ……ジジ……ジ……』

突然教室のスピーカーから音が流れる。

『……あ……よ…………あつ……い……』

人の声だ。

ノイズに乗って、聞き取れるか聞き取れないかほどの。

恭介の仕掛けだとわかっていても、さすがにコレは怖いっ。

「だ、大丈夫だよ佳奈多さん」

「もう全部取ったし、戻ろう」

つながれていた佳奈多さんの手を引くが、佳奈多さんが座り込んだまま動かない。

「佳奈多さん?」

「……」

「どうしたの?」

「……」

「?」

「腰……ぬけちゃったみたい……」

「ええーっ」

 

佳奈多さんを背負いながら階段を下りる。

佳奈多さんってこんなに軽いんだ…。

僕は力がないほうだけど、この重さなら階段を下りてもそんなに疲れない。

 

1階の廊下を歩き出すと、佳奈多さんが口を開いた。

「……そういえば、こんな話知ってる?」

「昔、ここには木造の校舎が建ってたの」

「へぇ…」

僕は引越しをしてきたので、あまり昔のことは分からない。

「ある日の夜、その木造の校舎で大きな火事があったの」

「夜だったから被害は最小に抑えられたそうよ」

「校舎も半焼で済んだ」

「ただ、そのとき一人だけ不運な女の子がいたの」

「その子はたまたまその日、学校に宿題プリントを忘れてしまった」

「その課題を出した先生が厳しくてね、夜の学校までわざわざ取りに行ったのよ」

「三年生の教室からプリントを取って戻ろうとしたとき」

「たまたま火事に居合わせた」

「特別教室棟の一階、理科室が出火元だったらしいわね」

「女の子が二階に下りたときは、すでに火の手が回っていたわ」

「熱くて、熱くて、熱くて」

「女の子は水を求めて、蛇口があるところまで何とか移動したの」

「けど、火の回りが速くて…水を被ったのはいいけど、逃げ場がなくなっていた」

「火に押されて、そのままトイレに追いやられてそこで女の子は息絶えた」

「けど、おかしなことに消火の後、その子の遺体は見つからなかったそうよ」

「……」

佳奈多さんの語り口調は妙に生々しい。

「…この話、信じる?」

「うーん」

「もしもその話が本当だとしたら、その女の子は死んじゃったんだから…そんな詳しい話はわからないよね」

「だから、作り話かな」

「…そう」

そう言いながら足を進める。

 

…………。

……。

 

おかしい。

あれから何分歩き続けただろうか。

いつまで歩いても玄関が見えない。

それに、夏も終わりだというのに妙に蒸し暑い。

汗ばむほどだ。

首筋に佳奈多さんの熱い吐息がかけられる。

「……どうしたの?」

「あ、うん……それがね、玄関ってまだだっけ?」

「玄関?」

「何言ってるの?」

 

「ここは二階じゃない」

 

「えっ?」

慌てて窓の外を見ると、たしかに二階だ。

あ、あれ?

さっき確かに階段の一番下まで下りたはずだけど…。

ひとまず階段まで移動しよう。

…………。

……。

おかしい。

何かがおかしい。

階段が……ない。

何度も何度も、2回目にお札を取ったトイレの前に出る。

「はぁ……はぁ……」

いつの間にか駆け足になっていた。

息が上がってきている。

それに暑い…というより熱い。

汗が溢れ出てくる。

「ごめんね。もうちょっと待ってね」

背負っている佳奈多さんに話しかける。

「もういいわ、ここで、休みましょう?」

回されている手にキュッと力が入り、耳元に熱い吐息がかけられる。

それでも僕は廊下を移動し続ける。

1周。

2周。

「疲れたでしょう? 私をおろしたら?」

「そういうワケにもいかないよ」

3周。

4周。

5周。

「疲れたでしょう? もう私をおろしたら?」

「一緒に、ここに、いましょうよ」

「……」

佳奈多さんを下ろして階段を探したほうがいいのかもしれない、けど…。

「キミを置いていくわけにはいかないよ」

「もう少し頑張って。僕と一緒に出よう」

首に回されていた手をしっかりと握りしめた。

 

6周目。

「あ…」

下へと続く階段があっさりと見つかった。

「ふぅ…ようやく下にいけるよ」

「ようやく……そうね、ようやく……ね」

一階に下りるとすぐに玄関が現れた。

 

 

玄関を出るとみんな集まっていた。

どうやら僕たちのチームがビリだったようだ。

「理樹が成績ビリだぜ」

「そんなこと言ってもさ…」

「そういえば、俺たちがおまえを抜かしたはずなのに、まったく気配がなかったな」

…学校で道に迷ってたなんて言えない。

「直枝、どこに行ってたのよ!?」

「……え?」

僕の前には怒り心頭の佳奈多さんが立っていた。

「あ、あれ…?」

そういえば、いつの間にか首に回されていた手がない。

「理樹くん、ひどいよ! おねえちゃん一人置いてくなんてっ!」

「え、え?」

事態がうまく飲み込めない。

「おねえちゃん、廊下で座り込んで泣い――ふがふがっ」

「葉留佳…それ以上口を開いたら…」

「ご、ごめんなさい、ごめんなさーいっ」

そんな喧騒も今の僕の耳には入ってこない。

佳奈多さんがここにいる。

校内は葉留佳さんと移動したようだ。

 

まるで背中にツララを突き刺されたかのような冷たさが走る。

 

なら…。

 

ドクッ! ドクッ! ドクッ!

今さらになって早鐘を鳴らす心臓。

 

僕と一緒に居た人は……?

 

「おい理樹?」

「っ!?」

真人の声で我に帰る。

「ど、どうしたの真人?」

「あ、いや、それを訊きたいのはオレのほうだぜ」

「?」

「おまえの背中、真っ黒じゃねぇか」

「えっ?」

「ふむ…キミは…」

「炭でも背負っていたのか?」