読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

25.お湯をかぶると女になっちゃう不思議な体質

 

WEB拍手のリクエストより。

 

※えっちぃという指摘のためブログより画像削除。以下リンク。

【アニメ塗り】「ダイナマイトボディ女体化理樹ちゃん【描き方動画付き】【リトバス】」イラスト/m [pixiv]


P4風と思わせておいて、最遊記風です(古)
構図としては拝借モノです(ぉぃ

 

 

 

シチュ:理樹は実は女の子だったけど、それを隠していた!

 

 

「おーい、理樹やーい。遊ぼうぜー」

もう部屋に理樹が戻ってきてると思ったんだが。

けど鍵は開いてたしなあ…。

「理樹ー」

一緒に筋肉メリーゴーランドやろうと思ったのによ。

どこに行っちまったんだ?

 

――ザーーー。

風呂場からシャワーの音が聞える。

 

「なんだよ理樹、風呂かよ」

――ザーーー。

「……♪……♪」

シャワーの音に混ざって、理樹の鼻歌が聞えてくる。

どうやらシャワーの音でオレの声が聞えていなかったみたいだ。

…ん?

そうだ。

コッソリ理樹の後ろに近づいて驚かしてやる、ってどうだ?

理樹も、うわーびっくり!心にくい演出だよ真人、と喜んでくれるんじゃねぇか?

へっ…我ながら身震いするほどグッドアイディアだぜ…。

 

――ゴソ…がら…がら…

 

オレはこっそりと、風呂のドアを開けた。

「…胸には強さを♪ 気高き強さを♪」

(歌まで歌ってノリノリじゃねぇか)

ノリノリでシャワーを浴びている理樹は、オレが来たことに全く気付いていない。

(……にしても)

背中を見るが、筋肉のかけらもありゃしない。

(ホント女みたいな華奢な体つきしてやがるな…)

(……)

(……やべぇ……)

(……)

(って、オレはなんで親友にムラムラしているんだーっ!!)

「…♪」

――きゅっ、きゅっ。

理樹がシャワーをとめた。

「♪」

なにやらポーズなんて取ったりしている。

(……)

(……いい……)

(……)

(って、オレはなんで親友に欲情しているんだーっ!!)

「――ウコンでも飲めよっ!!」

そんな妙な気持ちを吹っ飛ばすために、勢いよく理樹の華奢な肩に手を掛けた!

「え…っ?」

理樹が振り返った。

「…………………………は?」

理樹の体を見て、全身が固まっちまった!!

「っ……――――――」

理樹の目も点になっている!!

向こうも硬直しているのか…そのままこちらを向いて動かない!

「……お」

「……」

全身が硬直していて、理樹の体から目を背けることも出来ねぇ!!

その体は…。

「……おま」

華奢で、

「……うわわ…」

「……おま、おま……」

丸みがあって、

「……きゃ…っ」

「……おま、おまえ…おん…おん…」

む、む、胸があるじゃねぇかぁぁぁっ!!

「おまえ、お、おおお、おっ、おんなぁぁーーーーっ!?」

「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーっ!!!」

 

――ザァァァァァーッ!!

 

熱湯シャワーがこっちに向けられたっ!

「ぎゃあああああああああああああああああああーーーっ!!」

「ま、ままままま、真人のっっ」

「バカーーーーっ!!」