読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSブログ TJ-Novelists

アニメやマンガ、ゲームから妄想したSS(ショートストーリー)を書き綴るブログです。

Traffic Jam Products

03.ある日の杉並さん

ある日の杉並さんと高宮さんと勝沢さん

 

――今はお昼休み。ここは学食の食券販売機の前。

「あたしはいつものAランチ」

「高宮がAランチなら…私はC定食ね」

「じゃあ私は……」

うわ…高宮さんと勝沢さん、決めるの早い…。

私はおソバとうどん、どっちにしようかな?

「えっと」

今日はあんまりお腹すいてないし、おソバ…。

「あ、けど…」

昨日も食べたからうどんにしちゃおうかな。

「うーん」

「……………………」

「どうしよっかな…」

「あーーー!! じれったいっ!!」

「キャッ!?」

た、高宮さんが怒ってるーっ!

「こらこら、高宮…睦美を威嚇しないでよね」

「これがイライラしないでいられる!?」

「睦美! どれとどれで迷ってんのよ!」

「おソバと…うどん」

「じゃあ、うどんね、うどんにしときなさい」

「え、けど、私やっぱり…おソバのほうが…」

そう言ったにも関らず高宮さんがボタンを押そうとする。

「た、高宮さんーっ」

「フフフ遅いほうが悪いのだ」

「こらこら、睦美をいじめるな」

「「「あ」」」

――ポチ、からからからっ

「「「…………………………」」」

ふざけ合っているうちに高宮さんの指は、ボタンを押していた。

「…ぅ…」

食券に書かれていた名前は…「カツ鍋定食」

「……………………」

「ご、ごめん睦美! 悪気はなかったんだけど…」

「…………」

「こ…こんなにいっぱい食べれない…っ」

「…………ぐす……」

「ちょ、ちょっと高宮っ! あ、ね睦美、私の定食にはおソバもついてくるからそれあげるからね」

「あ、あたしのデザートもあげるから!」

「ほら泣かないで睦美っ」

 

 

これといってオチはないですが、妄想をひとつ。

たぶんいじられキャラですよねw